kitagawa 北川鉄工所

SUPPORT CENTER

Support Center

製品に関するよくある質問

製品に関するよくある質問を掲載しています。
該当する製品をお選びください。 

スタンダードチャック(標準パワーチャック)

パワーチャックの構成部品について教えて下さい。

こちらを参照下さい。

B-200シリーズ用(PDFファイル) N-シリーズ用(PDFファイル)

北川標準テーパーのチャックアダプターは、どの機械メーカーに適応出来ますか?

下記の北川標準テーパー(0番テーパー)と適応メーカー表を参照下さい。
適応メーカ欄にない機械メーカ向けアダプターが必要な場合には、お問合せ下さい。

チャックアダプター

ドローナットの交換をしたいのですが、手順書はありますか?

取扱説明書に記載されていますので、ご参照下さい。
下記をご参照下さい。これは、取扱説明書の一部抜粋となります。

取扱説明書

北川標準テーパーのチャックアダプターは、どの機械メーカーに適応出来ますか?

下記の北川標準テーパー(0番テーパー)と適応メーカー表を参照下さい。
適応メーカ欄にない機械メーカ向けアダプターが必要な場合には、お問合せ下さい。

グリスニップルの型式、形状が、分かる資料はありますか?

チャックカタログのグリースニップルを参照下さい。 グリスガン用ノズルをお探しでしたら、下記の問合せに対する回答をご参照下さい。

チャックにグリスを注入したいのですが、グリスガンは何を使えばいいですか?

弊社のチャックに使用されているグリスニップルは、JIS規格ヘッド部φ6.6mmに 準じていますので、グリスガンノズルをお取扱のお店にお問合せ下さい。
もしくは、下記をご参照下さい。
㈱ヤマダコーポレーション様のグリスガン用ノズル型式で弊社グリスニップルに適合 するものをご案内いたします。

グリスニップル

上記ノズルは、ヤマダコーポレーション様発売の全てのグリスガンに取付が可能と なっております。
詳細は、㈱ヤマダコーポレーション様Webサイトのグリスガンシリーズページを ご参照下さい。

http://www.yamadacorp.co.jp/products/a2-b03/

B-08 を使用しているのですが、B-208 に交換しようと思っています。
何が違うのか、分かる資料はありますか?

こちらで比較下さい。

B-6→B-206変更比較表 B-8→B-208変更比較表 B-10→B-210変更比較表 B-12→B-212変更比較表

パワーチャックの交換をしたい場合、どうすればいいですか?

下記の情報をご確認頂き、販売店様にご連絡頂ければと思います。

画像

旧型式であるHO、HOB、HOS から現在購入できるチャックに載せ換えたいのですが、載せ換えの際に注意することはありますか?

チャックの交換だけで終わればいいのですが、全てがそのようにいきません。
取付部分の修正を行って頂くこがあります。載せ換え表をご確認下さい。

HOS型→B200型変更表
画像
HOB型→B200型変更表
画像

パワーチャックに追加でジグを取り付けようと思います。
パワーチャック表面の追加工範囲を教えて下さい。

弊社B-200シリーズ、Bシリーズ、Nシリーズの追加工範囲は添付をご参照頂けますようお願いします。

B-200 シリーズ B シリーズ N シリーズ

薄物ワークを加工しているのですが、ワークが変形してしまいます。改善するにはどうしたらよいですか??

ワークの変形を改善するにはまず始めににチャックの把握力を適正値に下げる必要があります。

チャックの把握力を下げるには回転油圧シリンダーの推力を下げる必要が出てきます。

シリンダーの推力を下げることは危険を意味します。ワーク飛散の最大の原因となる可能性があります。
感覚ではなく数値管理を必ず行って下さい。
その為にはシリンダーの推力を計算してチャックの把握力計算してしっかり数値管理して下さい。

STEP1

シリンダー推力の計算式
シリンダー推力=※ピストン最大推力 × {(使用圧力-0.25MPa)/(※最大圧力-0.25MPa)}で求められます。
※の数値はご使用頂いている型式を基にシリンダのカタログより抜粋して下さい。
注:0.25は機械損失分を計上しての計算

STEP1

チャック把握力の計算式
チャックの把握力=※最大静止把握力 × (シリンダー推力/※許容最大入力)
※の数値はご使用頂いているチャック型式を基にカタログより抜粋して下さい。

STEP1

チャック把握力管理表などを作成し、ワーク飛散のないように気を付けながら実施下さい。

注:チャックのワークホールディングは爪の形状、チャックの回転数などの条件においても変わります。

チャックの把握力を管理したいのですが、何かいい方法はありますか?

チャックの把握力は回転油圧回転油圧シリンダーの推力により決まります。
但しいつも同じとは限りません。
機械の始動時は油圧ユニットの油が冷えて粘性が上がり作動が暖気完了後とも変わります。
現在、KITAGAWAがお勧めしている方法は静止型把握力計(JFT-S100)を用いて
計算上ではなく実際の把握力を測定する事をお勧めしています。
例えば、大量生産ラインで同じ仕様の機械が2台あるとします。
全く同じ仕様のものでも差が出てきます。
そこでチャック本体の把握力を実測して数値で合わせる事により機械による仕上がり誤差を軽減することができます。

回転油圧シリンダーの選定の方法はどうすればいいのでしょうか?

KITAGAWAではチャックごとに「適合シリンダ」を推薦しています。 チャックカタログにてご確認下さい。

シリンダーの油漏れが発生しているのですが自分での修理は可能ですか?
また、お願いするとどのくらいの費用と納期が掛かりますか?

回転油圧シリンダーは弊社サービスマンによる出張修理を行っていません。
理由としては修理完了後の検査を行う事が出来ない為、メーカーとしての保証をする事が出来ない事。
また型式によっては作りが複雑で特殊治具などの道具が必要で現地で出来る範囲に限りがあることが上げられます。
シリンダーの修理に関しては専用組立工場による受付となります。
納期は受注後で約2ヶ月、御見積りはご用命に応じてご対応しております。

納期面、価格面にてユーザー様の強いご要望によりシリンダーのパッキンSETを販売しております。
お客さまで交換される場合は、弊社保証対象外となりますので、予めご理解下さい。
型式および機番を御確認の上、お近くに販売店様へお問い合わせしてください。
但し、回転油圧シリンダーはワークホールディングの出力となる最も重要な部分です。
組み違えなどのトラブルによるワーク飛散などの可能性も充分に考えられますので
機械的知識があり、上記内容を充分にご理解いただけるユーザー様へのみ販売と致します。

KITAGAWA 純正 チャック グリース プロ を使っていますが、保存方法と保存期間について教えて下さい。どのように保管すればいいですか?

KITAGAWA 純正 チャック グリース プロ は、次のように保管して下さい。
・冷暗な場所に保管して下さい。
・使いかけのグリスを貯蔵保管する場合は、表面をなるべく平らにして、完全に蓋をし密閉状態にして冷暗な場所に保管して下さい。
・上記の状態で保管頂いた場合、保存期間は、3年となります。

ただし、使用されずに貯蔵保存されている間にも劣化しますので、長期に保存されたグリスは、潤滑機能が失われることをご理解頂き、お早目のご使用をお願いします。

劣化が進行すると、新グリースに比して「濃色」となり、臭いが鼻にツンとくるような「酸廃臭」がしてきます。
また、表面に油が多量に浮いてきますので、目安として下さい。

KITAGAWA 純正 チャック グリース プロ の安全データシートはありますか?

こちらからダウンロードしてください。
安全データシート 日本語版 (PDF)

KPCチャックの「推奨エア回路図」は、ありますか?

エア回路の参照構成図がありますので、そちらをご参照頂けますようお願い致します。
こちらをご参照下さい。

PAGE TOP